poco♪a♪ poco(ぽこあぽこ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 台風なのに、美容室

<<   作成日時 : 2007/07/15 12:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

昨日は、台風のため、お出かけはムリ。
かといって、狭い我が家に、4人で一日中いるのは、シンドイ・・・。
10時から予約していた美容室、午前中なら何とかなる!!と、行ってきました。

まずは、美容院がやっているのかどうかを、電話で確認。これは、欠かせません!!
行ってみたものの開いてないとなると、その後のフォローが大変です
二人とも、かなり楽しみにしているので、尚更です。
行き当たりばったり人生を送ってきたハハは、うっかり忘れてしまうこともありますが・・・

2人とも、「ビューティフルライフで、シャンプーしてもらう」ことが、最近のブーム。
2年前には、シャンプーはおろか、椅子に座ることさえママならなかったのですから、成長したものです
二人一緒に連れて行くことも、絶対ムリだったな。

強風圏に入っているので、道は空いてました。5分足らずで、お店に到着。
しばらくお休みされていたEさんと、感動の再会の後、まずはmeからカットです。

meは、お店のクロスの触感がダメなので、バスタオルを巻いてもらいます。
ちょっと前までは、バスタオルもダメだったので、全身お着替え持参でした。
でも、「髪の毛が服につく→チクチクする」よりも、「バスタオルをまく(首がキモチ悪いけど)→チクチクしない」のほうがいいと、判ったのでしょうね。
完璧に覆うことはできませんが、それでも格段に髪の毛が入らなくなりました。

椅子の前に座ると、 「コハルちゃんみたいに、してください」と、いつものオーダー。
コハルちゃんを知らないEさんですが、「わかりました。かわいくするね」と答えてくれます。
それからは、鏡とにらめっこ。
「まえは、ギザギザにしてください」 なあんて、注文したりしながら、機嫌よくしていました
以前は、「5回チョキチョキしたら、チョコ1個」なんて交渉しながら、やっとのことでカットしていたのですが、カットが終われば次はシャンプーと判っているので、過敏の強い首周りも、あまり動かずに、ジッとしてます。
ビューティフルライフの人は、嫌なことを強要しないという安心感もあると思います。

同じ障害を持つ、小さいお子さんのお母さんの中には、「お菓子をあげないで下さい」って言う人もいるそうです。「美容室を、お菓子を食べるところだと思ってしまうと、大きくなった時に大変だから・・・」なんだそうです。で、お母さんが抱っこして、泣きながらカット。
「ごほうびで釣るなんて!!犬猫じゃないんだから!!」とおしゃった、療育関係者もいらっしゃいました。

でもね、慣れてない空間で、見たことないヘンテコな椅子に座って、全く知らない人に、苦手なカットをしてもらうなんて、すんごい怖いことだと思うんですよ。
私たちとは感じ方が違うのだから、その恐怖感や不快感は、想像を絶するものがあると思います。

たまにしか行かない所だから、美容師さんとの間に信頼関係が出来るのも時間がかかるし。
頑張ってるね!ごほうびだよ!って、「お菓子をもらえる→悪いところじゃないじゃん〜」から始めても、いいんじゃないのかな〜・・。

それに、手順が判れば、お菓子のごほうびも、そういらなくなるものです。
うちの子は、カット代よりもお菓子代の方が高いんじゃ・・・ってくらい、もらい放題でした。ホント、申し訳ないくらいでした。
昨日は、終わった後に、BITチョコ2個。
・・・あ、待合ソファー横の飴ちゃんは、順番待ちの間にバリバリ食べてましたが・・・
美容院と歯科は、一生付き合っていくものだけに、大事に育てていきたいものです。

脱線しましたが、カットを終わったmeは、イソイソとシャンプー台に移動。
もんのスゴイ、いいお顔 お地蔵さんみたいな、微笑を浮かべたまま、シャンプー終了。ドライヤーも、冷風なら可になりました。

次は、you。
「ぼくは、バリカンでしてください!!」・・・おいおい、大丈夫なのか?
youは機械音が苦手なので、今までハサミでお願いしたいました。
本人が大丈夫だと言うのに、ハハが止めることもないな〜ということで、バリカンデビュー時々、「ウヒヒ〜」と、不気味な声を上げるものの、動かずじっとしていました。
バリカンのあとの、仕上げのカットも「まだ〜??」なんて不満を言いながらも、キワゾリまで出来ました。
初の刈り上げは、大成功。青々としたうなじが、男の子らしい
夏仕様のyouの出来上がりです。

youもシャンプー中は、お地蔵さん顔。アルカイックスマイル(だっけ?)を浮かべ、堪能しておりました。

ハハも、夏休み前に何とかしとかなくっちゃ。梅雨に入ってから、毎朝ドリフのカミナリコントみたいになってしまってるもんなあ・・・。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日台風の中ふたごちゃんの後カットに行ったしんちゃんです。
しんちゃんは過敏で5年生まで美容院で髪の毛を切れませんでした〜
それまではママカット。
美容院でのトラウマがないので美容院は楽しいところだと思っています。
お菓子もだんだん減ってきました。
ママが抱っこしても泣きながらだと嫌な思い出になってしまいます。
大人だって働いたらお金をもらいます。
子どもも頑張ったらごほうびがもらえる。
そう考えています。
ただ我慢するって難しいよね!!
しんちゃん
2007/07/15 16:52
ふたごちゃん美容室お疲れさま(*´∀`*)可愛くなったことでしょう!!
私も昔は「お菓子でつるなんて、大人になったら大変・・」という考えでした・・
でも今は床屋さんと歯科は終わったら自販機で「ぶどうジュース」(フアンタグレープです)買う事がご褒美になっています!!

歯医者や床屋はあまり好きでないけれど、終わったらジュースが飲める!!という楽しみがあるので、頑張れます。

○○を頑張ったら○○があるという意識を何事にも取り入れられると
いいのですが・・

わたくんも明日は床屋さんに行く予定ですヾ(´・∀・`)ノ
わたまま
2007/07/15 19:02
しんちゃんさん、コメントありがとうございます〜♪

うちの子は、羽交い絞めカット経験者なので(汗)、最初はホント苦労しました・・。
お菓子だけじゃなくって、Eさんのお昼のヨーグルトまで、横取りしたこともあります・・・(汗)。
「忘れられない障がい」だからこそ、スモールステップで成功経験を積んで欲しいなあと思っています。
・・・と言いながらも、押しの強いハハですが・・・。いかんなあ・・。日々修行です。


hutagobosi
2007/07/17 20:51
わたままさん、いつもありがとうございます〜♪

大人になったときに大変だからってのは、最近考えなくなりました。
大変だったら、また考えます。
私は先のことを考えて、窮屈な生活ができるような、理性的なヒトではないのですよ。
日々楽しく、笑って暮らしたいものです。

最近、普通の子育ても、自閉ちゃんの子育ても、そう変わらないような気がしています。
マヒしてるのか<ジブン



hutagobosi
2007/07/17 21:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
台風なのに、美容室  poco♪a♪ poco(ぽこあぽこ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる