poco♪a♪ poco(ぽこあぽこ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 共感するということ

<<   作成日時 : 2007/06/17 12:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日は、待ちに待った土曜日。
なごみえんのデイサービスのある日です。
一週間の最後にある、youとmeのおたのしみ
これがあるから、ウィークデイを乗り切っていけるといっても、過言ではないでしょう。
ハハも、超楽しみ
日々のストレスをリセットできる一時です。

最近、二人がなごみえんで過ごしている間、ハハは大事な人に会いに行きます。
二人が生まれる前から、とてもお世話になった人。
その間、二人はやりたい放題のパラダイスです

ちょっと早めにお迎えに行くと、meが「いやだ〜〜〜!!!おやつチョウダイ!!!」と叫んでおりました・・
今日の活動は、焼きそばづくり。
調理自体は楽しめるのですが、焼きそばは食べられないヒトです。超偏食ちゃんなもんで・・・。
「おっやつ、くれ!おっやつ、くれ!」と、おやつコールまで・・・。ひゃあ〜・・・・・・・

ハハなら、「もう、食べられんのなら、我慢しとき!!」ってなるのですが、なごみえんの先生は違います。

S先生が「そっか〜。meちゃんは、焼きそば嫌いなんだね〜。だったら、焼きそばは食べたくないよねえ」と慰めてくれます。
meは、「焼きそばは、食べられないの。マズイのよ」と言いながら、落ち着いていきます。
「そっか〜。じゃあ、meちゃんのすきなおやつは、なんだろうねえ・・」とS先生がやり取りしてくれます。
その間に、A先生が、おやつのストックをマッハで隠し、1回分だけ冷蔵庫の中に残しておくという、すばらしい連係プレー
「じゃあ、A先生に、おやつくださいって、言ってみようか。」と、S先生が促すと、「うん!」と答えて、「センセイ、おやつください」

S先生は、冷蔵庫を開けて、「meちゃんの好きなおやつ、ある?」と聞いてくれます。
meは「あった〜〜!!」
「じゃ、なんていうのかな?」と促されると、
「Aせんせい、おやつください。オ・ネ・ガイ〜
・・・・・・ゲンキンな奴め・・・・。

思えば、ハハは幼少時から、こうあらねばならないという枠に当てはめようと、躍起になっていました。
おやつは、出されたものを食べる。食べられなければ、我慢する。
泣き叫べば、「もう、めんどくさいな〜!!ほれ!」と、あげてみたり。
それを続けてきた結果、要求が暴力的と言うか、爆発的というか、そういう子になっちゃっいました。
そりゃそうだ。もしかしたら、泣き叫べば、ヒョットしてもらえるかもしれないという誤学習を、重ねていたわけですから。
「焼きそばは、食べられません。他のおやつを食べたいです。」そう言えばいいことを、教えればよかったな。

療育時代に、「共感的な姿勢で、子どもと向き合いましょう」と言われてたのに、いまいちよく判ってなかったなあ〜と思います。

子どもが表出できない気持ちを言葉にしてあげること。
辛さを、判ってあげること。
お互いの妥協点を、見つけること。
適切な言い方を教えてあげること。
youやmeが、なごみえんが好きな理由は、ココにあるのだな〜と思いました。
ハハも、真似しよう。

大満足のmeは、その後、ボールプールにもぐりこみ、「温泉よ」とニコニコ。
youが、お姫様抱っこで、A先生にグルグル回してもらっているのを見て、「私も〜
・・・・・・・・・・・・どうぞ、ご無事で・・。
てか、毎回書いてるけど、要ダイエットだな。








月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
共感するということ  poco♪a♪ poco(ぽこあぽこ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる